塗替時期の目安

部位ごとの塗り替え時期の目安

屋根 7年~10年常に紫外線や風雨にさらされているので、塗装の色褪せ・反りなどが起こる。表面に苔や藻が付く。放っておくと、雨漏りの原因に。
外壁 9年~12年南面は特にチョーキングして、コーキングが劣化し、見た目にも汚れが目立つ状態になる。
鉄部 5年~7年サビが発生すると急速に腐食が進みますので、定期的な塗り替えを行うことが必要不可欠。
木部 3年~5年カビ・コケ黒ずみが目立つようになる。放っておくと塗装不可能の状態に。

塗り替えの目安の症状

meyasu00 チョーキング
建物の塗装部分が白っぽくなり、手でこすると白い粉がつくことを塗膜のチョーキング化といいます。
これは塗装部分の劣化の初期症状だといえます。
この時期に塗り替えを行うことが、建物の寿命を延ばす最善の方法といえます。
meyasu01 シーリング材のヒビ割れ、劣化
サイディング板の継ぎ目(目地)やサッシまわりなどには、シーリングという防水が施工されていますが、このシーリングが劣化、破断、ひび割れしてしまうと外壁から建物の中に侵入し、柱・梁の木材や構造用合板を腐らせてしまい、建物に重大なダメージを与えてしまいます。
目地のシーリングの劣化やヒビ割れの状態はいわば、建物を保護する機能がなくなっていることを意味します。
このまま放置するのは大変危険ですので、早急な修繕工事をおすすめします。
meyasu02 壁のクラック・ひび割れ
モルタル・コンクリートのひび割れ(クラック)は、様々な原因であらゆる箇所に生じることがあります。
特に地盤沈下によりコンクリート基礎にクラックが入り、やがて外壁に達する場合や外壁開放箇所の窓、開口部の四隅に生じることがあります。
傷んだ箇所は放っておくと内部に水が入り、内部の鉄筋、鉄骨や内部構造が腐食してきますので早めの補修をお勧めします。
meyasu03 塗膜のはがれ
塗膜が劣化して、浮いていたり、剥がれていたりすると最終局面です。
壁のクラックがあったり、目地シーリングのヒビ割れなども同様です。
この状態はいわば、建物を保護する機能がなくなっていることを意味します。
建物の寿命、資産価値に大幅に影響します。
このまま放置するのは大変危険ですので、早急な修繕工事をおすすめします。
meyasu04 サビや色あせ
金属は非常に耐久性がありますが、サビが発生すると急速に腐食が進みますので、定期的な塗り替えを行うことが必要不可欠です。
最近は様々な遮熱・断熱塗料があり、屋根の機能を回復向上させる塗料をおすすめします。
footpr