外壁の劣化のサイン

外壁の劣化のサイン

「外壁」は常に家の中にいる人たちを突風や豪雨などから守ってくれています。

守るために作られているため頑丈ではありますが、やはり適度に手入れをすることが必要となってきます。

そこで今回は外壁の劣化のサインについて紹介します。

まず最初に、光沢低下が起こってはいませんか。

塗料によってはツヤなしのものもありますが、多くの場合ツヤはあります。

外的環境によって外壁のツヤは年月とともに落ちていくものです。

ツヤがなくなれば汚れなども付着しやすくなるので、見た目が悪くなるのみではないので、注意が必要です。

次に、チョーキングも劣化に気づく良い目安です。

チョーキングとは

壁に白いチョークのような粉が発生している状態のことをいいます。

手で触ってみるだけでもわかるので、一度確認してみましょう。

また、塗膜の剥離なども劣化の象徴ですので気をつけましょう。

他にも外壁基材の劣化も要注意です。

 

footpr